「わたし、定時で帰ります。」最終回、向井理の涙に感動の嵐!