三原じゅん子に「謙虚さ忘れた圧政者」と批判が