【パヨク日本共産党】草加の共産市議団消滅 セクハラ疑惑が原因か

1: Felis silvestris catus ★ 2019/12/07(土) 09:15:22.45 ID:1wmvayyZ9

 草加市議会の共産党市議団が5日、消滅した。共産党市議のセクハラ疑惑をめぐり、同党の対応が不十分だったとして、市議団(5人)の市議3人が5日、会派を離脱。さらに同市議団の藤家諒(あきら)市議(32)が「一身上の都合」を理由に5日付で議員辞職し、会派の構成要件(2人)を満たさなくなったためだ。

 市議3人が市議団を離脱したのは、藤家氏のセクハラ疑惑が背景にある。会派を離脱した佐藤憲和市議によると、9月に同党議員が藤家氏からセクハラを受けたと告発したにもかかわらず、同党は事実を公表せず対応を遅らせたという。

 佐藤市議は「ハラスメント問題に率先して取り組むべき立場なのに、問題を隠蔽するのはあり得ない。市民に説明責任を果たすべきだ」と同党を批判した。

 共産党県委員会は5日に声明を発表し、「藤家議員が起こした社会的道義的問題を理由に議員辞職を勧告してきた」と説明。市議3人の会派離脱については「市議団と話し合いを進めている最中のことで驚いている」と言及した。県委員会は6日、産経新聞の取材に「声明以上のことはコメントできない」と回答した。

産経新聞
https://www.sankei.com/region/news/191207/rgn1912070020-n1.html  続きを読む

二次会いかねー!合コンで「この人ないわ」と思った男性の特徴

普段、出会いが少ない大人の女子たちの出会いの場になっているのが「合コン」。どんな出会いがあるか楽しみにして、オシャレをして出かけることが多いかと思いますが、「ないわー」と思ってしまう男性に遭遇してしまったことがある人も多いのでは?

今回は、合コンで「この人ない!」と思われる男性の特徴について女性100名に調査しました。こんな人にガッカリしちゃったこと、ありませんか?

合コンで「この人ないわ」と思われる男性の特徴4つ

(1)空気が読めていない
「もうお互いそれなりの年なのに大学生のようなテンション。ついていけないし、店でも浮いてた」(28歳・不動産関連)
「王様ゲーム!とかテンション高く言われても……空気が読めてない。お店の雰囲気とかも考えてほしい」(24歳・アパレル関連)

大人の男性を求める女性は、あまりにもテンションが高すぎる男性を敬遠してしまうようです。特に「大人」なお値段のお店や、雰囲気の良いお店でそんなテンションを見せられると、せっかくのムードも台無しに。男性には周りの空気を見ながら行動をしてほしいものですね。

(2)上から目線
「〇〇ちゃんはもっと痩せたら可愛いから付き合っても良いのに~と言われて傷ついた」(21歳・飲食関連)
「常に上から目線で頼んでもいないアドバイスをしてくる男」(25歳・保育関連)

上から目線の男性って、たまに出現しますよね(笑)。せっかく楽しむために合コンに来ても、そんな男性に絡まれてしまったらテンションも下がっちゃいます。そんな男性の話はうまく聞き流して、ストレスを溜めないようにしたいですね!

(3)下心丸出し
「お酒を飲ませてきて、下ネタばかり。正直引いた」(22歳・学生)
「お持ち帰りしたい気持ちが見え見え。ベタベタ触ってきたりして気持ち悪かった」(21歳・アパレル関連)

合コンに下心のある男性が来るのはよくあること。しかし、それを丸出しにしてしまうと女子はドン引きしてしまうようです。「今日絶対お持ち帰りしてやる!」みたいな野心が見えていると、女子としては嫌だと思わざるを得ませんよね。飲ませてくるような男性には特に注意が必要! お酒は得意不得意がありますから、自分のペースをしっかり維持しましょうね。

(4)自慢ばかり
「その場にいる人を落として自分の自慢。そんなのに騙されるほど馬鹿じゃない」(28歳・派遣関連)
「初対面のどうでもいい男の自慢話を聞きたい人間などいない」(26歳・IT関連)

自慢ばかりの男性の話には、女性も思わず溜息。更にその場にいる人の評判を落としてまで自慢をする男性なんて、もう論外ですよね。そんな男の話は適当に聞き流して、他の人との会話を楽しんじゃいましょう。

せっかく楽しみにしていた合コンも、ひとりの男性のせいで時間の無駄に……。そんなことは、できるだけ避けたいもの。「ないわ」と思った人には早々に見切りをつけて、潔く他の男性と会話をする等、うまく対処をしていきましょうね。(スザクカナト)
ヤフーニュース引用

Copyright © 2019 newscollege All Rights Reserved.

【朝鮮半島】トランプ大統領、就任当初にトンデモ発言 「ソウルはなぜ休戦ラインに近いのか…市民は引っ越すべき」

1: 荒波φ ★ 2019/12/07(土) 09:25:46.54 ID:CAP_USER
tramp

■米国の安全保障アナリストがタイム誌でエピソード公開

■北朝鮮関連のブリーフィングをした補佐陣は当惑

米国のドナルド・トランプ大統領が、ソウルは北朝鮮との境界からあまりに近く、ソウル市民は引っ越しすべきだと語ったという。米国CNNテレビの安全保障アナリストが明らかにした。

CNN国家安全保障アナリストのピーター・バーゲン氏は5日(現地時間)、時事週刊誌『タイム』に、出版を控えた自身の新著『トランプと将軍たち:混沌の費用(Trump and His Generals:The Cost of Chaos)』を紹介する記事を寄稿し、このような内容を公開した。

寄稿記事によると、トランプ大統領は就任当初の2017年4月中旬、ホワイトハウスの執務室で開かれた北朝鮮関連のブリーフィング中にこの発言を行った。

この日のブリーフィングには、北朝鮮の核施設や軍事基地の写真をはじめ韓半島の夜間衛星写真など、普段から視覚資料に関心を示すトランプ大統領の趣向を反映してさまざまな資料が提供された。

これらの写真に関心を示していたトランプ大統領は、ソウルが休戦ラインから15マイル(およそ24キロ)しか離れていないことに焦点を合わせ、「ソウルはなぜこうも北朝鮮との境界に近いのか?」と尋ねたのだ。

さらにトランプ大統領は「彼ら(ソウル市民)は引っ越すべきだ」と発言を続け、冗談なのか真剣なのか見当がつかない補佐陣に向かって、もう一度「彼らは引っ越すべきだ」と繰り返したという。

トランプ大統領はブリーフィングを受ける前、既に北朝鮮の長射程砲などがソウルに及ぼす脅威について理解していた。

バーゲン氏は寄稿記事で「ソウルの人口はスウェーデン全体と同じ1000万人」だとしつつ、「1000万人の人口が引っ越すべきだと大統領が真剣に語る状況で、何を言うべきか誰も分からなかった」と、当時の雰囲気を伝えた。

続いてバーゲン氏は「支持者には、大統領の『非伝統的思考』と受け止められるだろうが、批判者にとっては、大統領がどれほど無知で衝動的かを示す事例になるだろう」とコメントした。


2019/12/07 09:10
朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/07/2019120780006.html
続きを読む

「あおり運転」が道交法に新しく規定 即座に免許取り消し厳罰化


あおり運転あおりうんてん)は、道路を走行する自動車、自動二輪、自転車に対し、周囲の運転者が何らかの原因や目的で運転中に煽ることによって、道路における交通の危険を生じさせる行為のこと。 「あおり運転」とは自動車などの運転中に車間距離を極端に詰めたり幅寄せを行ったりする行為をいう。
32キロバイト (4,760 語) - 2019年11月25日 (月) 01:17


自動ブレーキもだけどドラレコも必須になるかな?

1 ばーど ★ :2019/12/06(金) 11:54:41.60

警察庁は、道路交通法に「あおり運転」を新たに規定し、事故を起こさなくても即座に免許取り消し処分とする方針を固めた。6日の自民党の交通安全対策特別委員会で検討案を説明した。来年の通常国会での法改正を目指す。厳罰化も図り、悪質ドライバーの排除を目指すとしている。

検討案によると、あおり運転を「他の車の通行を妨害する目的で、一定の違反(過度に車間距離を詰めたり、急に進路を変更したりすることなどを想定)により交通の危険を生じさせる恐れのある場合」と規定し、違反した場合は罰則を設ける。「高速道路上(一般道を含む)で他の車を停止させるなど、著しく交通の危険を生じさせた場合」は、さらに重い罰則を科す。

罰則は検討中だが、現在の取り締まりで適用されている刑法の暴行罪の「2年以下の懲役または30万円以下の罰金」などとのバランスを考慮して定める方針。行政処分は、違反点数を即座に免許取り消しになる「15点以上」とし、免許を再取得できない欠格期間を1年以上は設けたい考えだ。

警察はこれまで、道交法の車間距離保持義務違反や相手への暴力行為があるとして暴行罪などを活用してあおり運転を摘発してきた。社会的関心の高まりを受けて取り締まりが強化された2018年の車間距離保持義務違反は1万3025件と前年の約1・8倍に達し、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷の妨害目的運転)25件、暴行24件、傷害4件などに上った。今年1~10月の車間距離保持義務違反は1万2377件に達する。

しかし、主に適用されている車間距離保持義務違反の罰則は、高速道路の場合で「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」で、違反点数も2点にとどまる。政府与党からは「悪質なあおり運転を想定していない現行法による取り締まりには限界がある」として法整備や厳罰化を求める声があり、警察庁が海外の法制度も参考にしながら検討を続けていた。【佐々木洋】

12/6(金) 11:42
毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191206-00000010-mai-soci

(出典 lpt.c.yimg.jp)


続きを読む

【韓国だけではないが】カラスの「ふん害」広がる 特にひどいのは韓国の国旗…世界女子ハンド開催中の熊本市

1: シャチ ★ 2019/12/07(土) 09:56:34.70 ID:CAP_USER
 熊本市の中心市街地でカラスの「ふん害」が広がっている。樹木に集まる大群がふんを落とし、道路や公園のベンチなどが汚されているほか、熊本県で開催中の女子ハンドボール世界選手権のPR看板も受難。出場24カ国の国旗が描かれた部分にも汚れがこびりついている。

 看板の外国旗のうち、特に被害が大きいのはカザフスタン、韓国、モンテネグロ、オランダ、ノルウェー。市鳥獣対策課によると、原因は熊本城や周辺にすみ着いたカラス。市街地に生息するハシブトガラスやハシボソガラスではなく、中国大陸や朝鮮半島から大量に渡ってきたミヤマガラスの仕業だという。

 ミヤマガラスは10月下旬に飛来して越冬し、3月ごろに飛び去る。昨年から天敵の猛禽(もうきん)類がいない市街地をねぐらにし始めた。日中は餌を探して飛び回り、夜になると市街地に戻るという。市は本年度、佐賀大などに飛来数や生態の調査を依頼し、対策に生かす考え。

 PR看板を設置した熊本国際スポーツ大会推進事務局は5日、「カラスの被害は把握していなかった」として対応を協議。取材に対し「おもてなしの意味を込めた看板であり、大会期間中は設置を継続する。公園を管理する市の協力で毎日清掃する」と回答していた。(古川努)

12/7(土) 9:33 ヤフーニュース(西日本新聞)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-00010001-nishinpc-soci
カラスの「ふん害」を受けた女子ハンドボール世界選手権のPR看板=6日午後、熊本市中央区
no title

続きを読む